お問い合わせ
Contact

SADO INFINITY 88 Cymbalのシンバラー募集について

さどのしまは、男性的な島北部、その先端に大野亀。女性的な島南部、その先端に鶴ヶ峰があり、
鶴と亀がすべった島とも言われています。
陰陽をなす島の形は8の字インフィニティー、そして螺旋のかたち、和合と生命無限性の表象として、
形自体が大切な希望のように感じます。

さどの相似象として8の字に配列された88のシンバルは、島によせてはかえす波、さどの呼吸。
それは、さどのしまが 昇竜棚田の 海のみえる天空ステージで奏でる楽器。
さどのしまが奏でるとき、無限和合の さどのスイッチはまわり、日本、せかいへと、無限に巡っていく。

技術はいりません。ぜひ参加ください。

2018(ふたつの円、ひとつになり無限)、
1008(わたしは円、縁は無限)の日に、昇竜棚田で、あいましょう。

ふれあいや(2018)、あいおうおうや(1008)さどのみはしら。

天空の棚田を舞台に、アーティスト・∈Y∋が88人のシンバルを指揮する「SADO INFINITY 88 Cymbal」では、
現在シンバラーを募集しております。
10月8日のお昼迄に佐渡島に到着し、午後から天空棚田でのリハーサルに参加できる方、
かつ、本番に参加できる方のご応募をお待ちしております。
詳しくはイベントページをご覧いただき、下記フォームよりお問い合わせください。

ドメイン指定受信をご利用されている方は、メールを受信できるよう設定が必要となりますので、
@sado-art.comのドメイン指定解除を設定してください。
また、返信メールが届かない方は、再度こちらのフォームからご応募いただけますようよろしくお願いいたします。


  • シンバラーへの応募は定員に達しましたので〆切りました。
    たくさんのご応募ありがとうございました。

佐渡へ行く、
佐渡へ渡る。