作品・作家
Artist

『わたしは真悟』展

『わたしは真悟』「アングレーム国際漫画祭・遺産部門、
JAPANEXPO AWARD 漫画部門・文化遺産賞」受賞記念展示

登場人物「さとる」と「まりん」のような子供の頃の重要な感情や気持ち、、現代社会における人間の悪意の存在について感じ取り、現在・過去・未来を考えるきっかけにと描かれた「わたしは真悟」。2018年、欧州最大規模の漫画の祭典「アングレーム国際漫画祭」で永久に遺すべき作品として「遺産部門、JAPAN EXPO AWARD 漫画部門・文化遺産賞」を受賞した。この不朽の名作の最終舞台は佐渡島であり、同賞の受賞を記念する特別展示となる。

楳図かずお

1936年、和歌山県生まれ、奈良県育ち。
1955年『森の兄弟』で貸本漫画家としてデビュー。『へび少女』『猫目小僧』などのヒットで、「恐怖漫画」という言葉を生んだ。『漂流教室』『まことちゃん』『おろち』『洗礼』『わたしは真悟』『神の左手悪魔の右手』『14歳』など、代表作多数。『漂流教室』は1975年に第20回小学館漫画賞を受賞。 漫画家として以外にも、タレント、歌手、映画監督など、様々なジャンルで活躍している。

展示期間
8月10日–26日|9月28日–10月14日
会場
あいぽーと佐渡
入場料
無料
所在地
〒952-0011 新潟県佐渡市両津夷384-11Google Mapで見る

佐渡へ行く、
佐渡へ渡る。